2016年10月22日

次郎太刀描いた方がいいの?

わしです。刀剣乱舞で、
キャンペーンでもなく普通に鍛刀で入手できる刀で私が手に入れてないモノが、
残り三振りになりました。
次郎太刀、一期一振、小狐丸…です。
はい。この三振りになりました。
今日も今日とて次郎太刀がくるよう鍛刀しとるんですが、
天下五剣のひとが先にきちまいましたよ。
…私は、
次郎太刀がドロップするエリアを血眼になって周回しているわけでもないし、
日課ノルマの一回を次郎太刀用レシピでやってみてるくらいなんですが…
天下五剣が先に来て「あれ?もしかして私本格的に次郎難民になりつつある??」
と青くなっております。
物欲センサーが…こわい…!


ところで、ふくやま美術館で刀剣男子の刀展示があるそうじゃないですか。
行ってみたい。ふくやま美術館行ったことないし、
世の刀ガチ勢というかとうらぶファンという方々と、
博物館とか美術館で同じ現場に居合わせてみたい。
五月だっけ、京都行った時北野天満宮の展示はたまたま通りがかって見たのですが、
あの頃は刀の展示を見るというものが自分にとってどんな気持ちにさせるものなのかの興味…
って感じで覗いてた気がする。ゲームもまだやってなかったし。
結果というと、無銘刀の方が好きだなって感想だったかな。
あと猫丸の逸話おそろしすぎか(震)
刀剣男子的には髭切の展示だったんですけども。
というか、北野天満宮の青もみじの方が、刀を割り込ませぬほど私の心をいっぱいにしていた気もする。
あれはみどりいろをした命だった。あふれんばかりの生命だった。
神聖で、清らかで、みずみずしい命の気配に、全身が包まれる。
青もみじを本格的に観賞したのはこの時が初めてでしたが、とてもよかったです。
赤いのも好きですけどね、もみじ。
んで、もみじ見た後だったのよ、刀の展示見たのは(笑)

あれ、ぜんぜん刀見に行きたいって内容じゃないな(笑)
普通に見に生きた気持ちはあるんですが。ゲーム始めて見行くのは初めてだし。

とにかく、一緒に行ってくれる身内のお友達大募集してますぞ!
posted by みよーん at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック