2016年12月15日

シナリオ考え中のぐだぐだ

わしじゃよ。ひえっ、さむすぎ(震)
身内クトゥルフセッションキーパーに立候補したのはいいが、
シナリオ何するか決められないでしばらく経った…。
うむ。どうするよ。
モジュラー・クトゥルフ買ったんで、その中のやつでもいいかなと思っていたんですが…
私にはできそうにないげぼぐふがはっ…!!
現代のもだけど、やりたかったのは1920年代の方でさ…。
まぁじっくり読めてないけど、やっぱルルブのシナリオって自分のものにするのが難しいね…(汗)
導入だけでもいいからよそ様のリプレイ見てからのがいいな…
しかしネタ的にはオリジナルで考えてもみたい方面だったな。
1920年代っぽいもの…で私が思っていたものの一つだったのさ。
どうでもいいけどモジュールって言っちゃうんだぜ…(笑)
とんでもなく意味が外れて…ないんじゃね?ん?

まぁそれで、どえむごころが「もっと熱くなれよ!」と囁くので、
地味にオリジナルシナリオ(1920年代もの)考えていたわけです。
当時のアメリカの状況的にないんじゃねーのこれはって気がしてるんですが(汗)、
私が軽くググった範囲のことを極端に解釈すれば…
都合よく時と場所と人がよければ…いけるんでねーの…?
怪異側の背景はざっとまとまってきたんですが、
そこに探索者ぶち込むとどうなるんだ…??
最初に思いついた時も思ったが、生きて帰れる気がまるでしなくてな(笑)
事件を解決するとは…?シナリオ書きながら自分が探索者気分だよ…。
どうやったら丸く収まるんだ…おれはまだしねんのだ…(白目)
あとセッション予定は年明け、早ければ1月内…
新年ネタでシナリオまとめる予定だから…新年が感じられるうちにやりたい…。
リアル季節と合わせたセッションって…ええやん?
ただセヤカテ氏は(基本)登場なしの予定シナリオになりそうです(笑)
うーむむ、無理矢理なら出るかもわからんが、いなくてもいいでしょう。
あ、でもプレイヤーが二人になったらお助け枠にしてもいいか(笑)
とりあえず全員が赤の他人スタートするのは難しいだろうなって思ってる。

シナリオ書くのに絵の落書きも増えていく…。
1920年代アメリカもの…NPCは外人ばっか…
国籍の描きわけができないしさ…ふっ。
posted by みよーん at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444923731

この記事へのトラックバック